歯周病の進行を止めるには歯周病治療

歯周病は歯を失う原因として最も多い病気ですが、歯周病は自覚症状がほとんどないために歯周病になっていることすら気付かない場合があります。

ですが、歯周病は定期的な歯科検診を行うことによって早期発見を行うことができます。そして、歯周病になっていても歯周病治療を行えば、歯周病の進行は止めることができます。まだ、歯周病が初期のうちにしっかりと治療やメンテナンスを行うことによって、年を取ったとしても自分で歯で美味しく食事をすることが可能になってきます。歯周病治療には、基本治療となってくる重要な治療があります。

それは、プラークを取る治療です。この基本治療では、自分でプラークを取れる力や歯石を取ることによって、プラークを取りやすい環境にしていくことを目的としています。この基本治療ができていない場合、外科治療を受けても意味がなく歯周病の進行を止めることができないので、非常に重要な治療になっています。基本治療の次に行う歯周病治療が外科治療になってきます。

外科治療では、基本治療では取りきれなかった歯石を取ったり、歯周病が進行してしまったことによって、変形している骨の形を整えていく治療を行っていきます。外科治療を行っている際に状態の悪い歯があった場合、他の歯の悪影響を与えてしまうことがあります。ですので、外科治療を行う際に状態の悪い歯があった場合には、その常置あの悪い歯を抜歯して他の歯に悪影響を与えないようにしていきます。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *