歯周病の進行を遅らせるための歯周病治療

歯を失ってしまう原因で最も多いのが歯周病です。

歯周病は、自覚症状がないことが多いので、自分が歯周病になっていても歯周病になっているとは気付かないことが多くあります。その結果、歯周病の進行もどんどん進んでしまい、歯を失ってしまうことになります。ですが、歯周病はしっかりと歯周病治療をすることによって歯周病になっていても進行を抑えることができます。

ですので、歯周病になって年を取ったとしても歯周病治療をしていれば、自分の歯でしっかりと噛むことができるので、美味しく食事をすることができます。歯周病治療の基本となってくる治療があります。それは、プラークを取り除く治療です。このプラークを取り除く治療は歯周病治療の基本治療となっていて、この基本治療をしっかりと行わないと外科治療をしたとしてもまた元に戻ってしまうぐらいに大切な基本治療になっています。プラークを取り除く治療が終わると外科治療になりますが、この外科治療では、基本治療では取りきれなかった歯石や歯周病で溶けてしまい、凸凹になってしまった骨の形を整えていきます。

骨の形を整えることによってプラークコントロールがしやすくなります。また、このときに状態の悪い歯がある場合、他の他に悪い影響を与えることがあります。ですので、状態の悪い歯があれば、抜歯を行って他の歯に悪い影響を与えないようにしていきます。歯周病治療が終わった後もしっかりとメンテナンスをすることが大切になります。このメンテナンスを怠ることによって、また歯周病の進行を進めてしまうことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *