歯周病治療で歯石を除去する

歯周病治療のポイントは、薬で症状を完璧に治すことができないということです。

一般的に、歯周病治療では歯石を取り除くことを目的として治療を進めていくことになるのですが、この場合には痛みが生じないように注意をする必要があります。仮に、歯石をとるときに痛みが生じるときには、症状が進行していることを意味するので早急に対策をすることが大事です。歯周病治療で利用される薬は、症状を治療するために使われるのではなくあくまでも症状を抑える目的で使われます。

原則としては、原因となっている歯周病菌を専用の器具を利用して取り除いていく作業になります。この治療で取り除くことになるのは、歯周病菌が表面に定着している歯石のみです。そもそも、歯石そのものは石灰化をしていますので歯周病菌は活動することすらできないので無害に近いと言っても言い過ぎではありません。ところが、歯石の内部ではなく表面には生きている細菌が付着していますのでこれが悪さを働きます。

そのため、結果的に歯石と一緒に歯周病菌も除去しなくてはならないようになっているのです。こうした一連の歯周病治療に関連する歯石の除去作業はスケーリングと呼ばれていて、歯周病治療では一般的な手術として定着しています。口の中での作業になるので、なるべく患者に対して負担を与えないように注意をしなくてはいけません。治療法としては機械的な作業になることが多いので、実際に手術に携わる人は経験豊富な医師であることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *