歯周病治療で重要な治療について

歯周病治療を行う上で重要になってくることは、プラークコントロールです。

プラークコントロールは、歯ブラシやデンタルフロスなどを使い、プラークを付けないようにコントロールすることをいいます。このプラークコントロールを完璧に行うことができることによって、治療の大半は終了になります。その理由は、歯周病の原因はプラークにあり、プラークは毎日のようにお口の中に発生します。それを毎日取り続けることができなければ、歯周病は改善しないからです。ですので、いくら高い治療や痛い思いをして治療を受けたとしても毎日のプラークコントロールができない限りは、全てが台無しになります。

歯周病治療のプラークコントロールを実践すると歯茎からの出血がなくなってきます。そして、歯茎の腫れや口臭なども改善されてきます。プラークコントロールをすることによって、何故、歯茎の腫れや口臭が改善されるかというとお口の中に最近のほとんどが、歯の周りに付くプラークの中にあるからです。

ですので、歯茎が引き締まることにより、歯周病がポケットが減少し、プラークが隠れられる場所もなくなるので、お口の中が改善されることになります。歯周病治療では、他にも歯石を取り除くことも大切になります。スケーリングといって、歯の周りいに付いた歯石を取り除くことにより、細菌を退治することができます。スケーリーングをすることによって、歯石によってザラザラしていた歯の表面がツルツルになり、プラークが付きにくいなどの効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *