歯周病治療で歯周病の進行を抑えよう

歯周病になってしまった原因の一つとしては、タバコがあります。

タバコを吸っていることによってタバコを吸っていない人よりも歯周病になってしまう可能性が高くなります。ですが、歯周病になってしまう原因は他にもたくさんあります。被せ物や詰め物をしていることによって、歯周病に近い状態になってしまったり、遺伝によって歯周病になったりと歯周病になる原因は様々です。ですが、歯周病になったとしてもしっかりと歯周病治療を行えば、歯周病に進行を抑えることができます。

歯周病を放っておくと歯が抜けてしまう恐ろしい病気なので、歯周病になってしまったら必ず歯周病治療を行う必要があります。歯周病治療を行うときの基本治療となってくるのが、歯周病の原因となるプラークを取り除いてく治療です。自分でもプラークを取れる力や歯石を取ることによってプラークを取りやすい環境にできるように目指していきます。この歯周病治療の基本治療となるプラークを取り除く治療というのは、非常に大切な治療でこの基本治療ができていない場合、外科治療を受けたとしても元に戻ってしまうことになります。

また、その先の治療となってくるのが、基本治療で取りきることのできなかった歯石や歯周病で解けた凸凹になった骨の形を整えてプラークコントロールがしやすい形にしていく治療です。このときに状態の悪い歯がある場合、状態の悪い歯を抜歯して他の歯に悪影響を及ぼさないようにしていきます。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *