歯周病治療の第一歩は歯石の除去

歯周病治療で一番最初にすることは、歯石の除去です。歯石というのは、歯垢が固まってブラッシングでは取れなくなったものを言います。

これが歯に付着していると、その部分から歯周病が進行してしまいます。歯周ポケットの奥に入り込んでいる分まできちんと除去しておかなければ症状の進行は食い止められません。ときには歯茎を切開してめくり上げて、内側をすべてきれいにしていくこともあります。出血が酷くなりますし、まさに手術だと言ってもいいぐらいの状況になりますが、そこが歯周病治療の第一歩だということを忘れてはいけません。

口内からすべての歯石を取り除くことができれば、後はそのまま新しい歯石ができないようにブラッシングをしているだけで歯周病は食い止められます。症状がそれ以上良くなることもありませんが、悪くなることもない状態に落ち着きます。それが歯周病治療の一応の成功だと言えるでしょう。その上で、抜いた方がいい歯があれば抜歯します。歯周病治療に成功すればインプラント手術で義歯をはめ込むことも可能になります。

まずはとにかく口内環境を清潔な状態に戻すことが重要なわけです。ですから、ブラッシングはもちろんですが、間食をしないということも治療には重要な要素となります。甘い食べ物を食べ過ぎないということも治療には影響があります。他には、生活環境を改めることも大切だと言われています。タバコは辞めた方がいいですし、ストレスも溜めないようにする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *