歯周病の進行を抑える歯周病治療について

虫歯は放っておくとどんどん進行が進んでしまい、虫歯の状態も悪化してしまますが、虫歯以上に恐ろしいのが歯周病です。

虫歯の場合は、痛みなどの症状があり、虫歯になっていることに気付くことができますが、歯周病は自覚症状がほとんどない場合が多いので気付かないうちに歯周病になっていることが多くあります。そして、歯周病を放っておくと歯が抜けてしまう原因を作ってしまいます。歯周病はとても恐ろしい病気ですが、適切な歯周病治療をすることによって、歯周病になっていても歯周病の進行を抑えることが可能です。

歯周病治療に基本的な治療となっているのが、プラークを取り除く治療です。このプラークを取り除く治療は、歯周病治療の基本的な治療となってきますが、この基本的な治療を行うことなく外科治療を行ったとしてもほとんど意味がなくまた元の状態に戻ってしまうことがあります。プラークを取り除く基本治療の次に行うのが外科治療になってきます。

外科治療では、基本治療で取りきることができなかった歯石や歯周病で溶けてしまい、凸凹になってしまった骨の形を整えていく治療になっています。また、このときに状態の悪い歯がある場合は、他の歯に悪い影響を与える可能性があるので、抜歯を行い、他の歯に悪い影響を与えないようにしてきます。歯周病治療を行うことによって歯周病の進行を抑えることが可能ですが、治療が終わった後はまた歯周病を進行させないようにするためにメンテナンスをする必要も出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *