歯周病治療をすることによって歯周病の進行を抑える

歯周病は、自分が歯周病になったとしても自覚症状がないことも多い病気です。

歯周病は、骨の周りが溶けてしまうとても恐ろしい病気になっています。ですので、歯周病が原因となり、歯を失ってしまうこともあります。また、歯を失ってしまう原因として最も多いのもこの歯周病になっています。ですが、歯周病になったとしても適切な歯周病治療を行うことによって進行を抑えることが可能になります。

この進行を抑えることが最も大切で、まだ初期のうちからしっかりと治療やメンテナンスを行うことによって年を取ったとしても自分の歯で美味しく食事ができます。歯周病治療の基本治療となってくるのが、歯周病の原因でもあるプラークを取る治療です。自分でプラークを取る力だったり、歯石と取ってプラークが取りやすい環境になるように目指していきます。この基本治療ができない場合、外科治療を受けたとしてもまた元に戻ってしまうことになります。

歯周病治療の歯周外科では、基本治療で取りきることのできなかった歯石や歯周病で溶けてしまって凸凹になった骨の形を整えていきます。そして、プラークコントロールがしやすい形にしていきます。また、このときに状態の悪い歯を抜歯することによって他の歯に悪影響を与えないようにしていきます。歯周病治療をしたとしても元に戻るわけでないので、治療後でも進行させないように維持していかないといけません。そのためにしっかりとしたメンテナンスを行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *