自宅と歯科を活用した歯周病治療

歯周病の原因は様々ですが、一般的には歯周病菌が繁殖して起こる口腔内の病気であり、歯垢除去が有効な対策方法として挙がります。

歯垢を放置すれば虫歯や歯周病、口臭等の原因になってしまいますし、自宅での歯磨きを徹底させたり、定期的に歯科に行く事によって口腔内の健康を保つ事が可能です。歯周病は加齢と共にリスクが高まりますし、若い時期ならば免疫力が高くて自然に対応出来る事もありますが、中高年以降は免疫力低下から歯茎に歯周病菌の侵入を許してしまう可能性が高くなります。

歯周病治療のポイントは歯垢除去によって菌の繁殖を抑える事にあり、歯を支える土台の骨が溶けてしまうと抜けてしまいますから注意が必要です。歯周病治療は早期から開始する事が望ましく、進行したものを戻すというのは難しいですが、進行を遅らせて健康な状態を保つ事は可能になります。いずれにしても歯科で定期検診を受けて、初期状態の歯周病リスクを発見してもらい、自宅での歯磨きケアでは取り除けない歯垢や歯石を除去してもらう事が有効です。

歯周病治療は歯科だけではなく、自宅でのケアも重要ですから、継続的に歯垢除去を行っていく事が必要になります。歯の表面だけでは無く、歯と歯の間の歯垢も対策する必要があり、歯間ブラシを使って除去したり、歯周ポケットの汚れを取り除く事も有効です。こうしたケアを継続させる事によって歯周病治療は可能になり、高齢になっても自身の歯を維持させる事に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *