歯垢と歯石と歯周病治療の関係性

歯周病とはそのまま放置しておくことで、歯を失ってしまうことにもなり、それだけでなく口臭の原因や全身にも影響を与えてしまうことにもなります。

できる限り清潔でいることが大切ですが、実際には成人された方の大多数にこの歯周病になってしまう傾向があるようです。では歯周病とは改善させることができるのでしょうか?また歯周病治療とはどういったことをするのか、予防などはあるのかについて理解しておくと未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

歯周病治療に必要なことは歯茎が炎症を起こすことでなります。またこの段階であればまだ治療することもできますが、これ以上酷い場合、例えば骨が溶けてしまうとそれは元の状態に戻すのは不可能とも言えます。ですからどう進行を防ぐかがキーポイントになってくるんです。そこでプラークコントロールをすること、歯と歯茎の周りをしっかりブラッシングすることを日々繰り返すことが改善策になり、これを怠れば歯医者で治療をしても意味を成しません。

歯垢を丁寧に取り除くことで、歯茎に炎症を起こさせない状態にさせたり、落ち着かせることができます。そこでどうしても自身で取り除けない歯垢は歯医者で歯石を機器で取り除くことになりますが、歯石とは歯垢が、唾液にあるミネラル成分で固められたもので、これが歯のデコボコに入り歯垢が歯を痛めてしまいます。つまりは歯石を取り除くことが、歯周病治療の最も大事なことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *