歯医者の最新治療にマイクロスコープが使われている

マイクロスコープは、病院で脳梗塞や心筋梗塞などの血管の中の治療、検査に使われる機械です。

マイクロスコープは人間の目では見えない部分を拡大したり、狭くて見えない部分まで入っていってその部分を治療することが出来ます。どんどん小型化が進んでいて、最近では歯医者の治療にも取り入れられています。とくに、歯の根元にある根管に対して優れた効果を上げ始めました。というのも、今まで根管の治療は中が見えないため歯医者が今までの経験をもとに手探りで治療を行っていたからです。

このため、ベテランの歯医者であっても完全に虫歯になった部分を取りきることは不可能で治療が十分でなくその部分から再び虫歯になり治療を繰り返すことも多く起こっていました。しかし、マイクロスコープを使えば、歯の根元を拡大した画像で確認しながら治療が行えるためより精密に確実な治療が行えるようになっています。根管の治療が終わった後も、歯に詰め物をしたり噛み合わせの調整をする時により細かい作業を行えます。しっかり、削られた部分を塞ぐことで再発を防ぐのに役立ちます。

実際、人の目では0・2ミリまで確認するのがやっとなのですが、マイクロスコープを見ながらであればミクロン単位での治療が可能です。歯の噛み合わせや見た目の問題は、とてもデリケートでミリ単位以下の変化でも長い年月では大きく違いが出てきます。歯の健康は全身の健康に大きく影響しているといわれているため、マイクロスコープを使った治療は今後ますます期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *