マイクロスコープ革命で歯医者さんの治療が向上中

長い間、歯医者さんの治療は経験が大切だといわれてきました。

若い歯医者さんが担当だと何となく不安になる人も多かったと思います。細かいものを見る場合、人間の肉眼では限界があります。そのため、歯の細部の病巣を見逃さず、精密な作業が必要とされる歯医者さんの治療は、経験や勘にたよっていた部分がたくさんありました。しかし、最近はマイクロスコープ(手術用顕微鏡)の導入によって、治療が大きく変わってきています。

マイクロスコープは、肉眼で見た場合より3~20倍に拡大して見ることができます。歯医者さんがいつでも緻密で正確な作業を行うことが可能になり、その結果、治療成績が以前より格段に向上するということが増えてきたのです。一番よい例は、根管治療(根の中の治療)です。根管治療は大変複雑で細かい部分の治療ですので、以前は経験にたよった手探りの治療が多かったのですが、マイクロスコープの導入によって、拡大された根幹内部を直接見ながらの治療が可能になったのです。

また、虫歯治療などでも、患部を高倍率で見ながら治療することで、余分な部分を削ることなく、虫歯の部位だけを正確に削りとることができるようになりました。さらに、削った後も段差のないきれいな詰め物を行うことが可能になりましたので、虫歯の再発予防にも貢献しています。このほかにも、非常に高い精度が要求される審美歯科の分野でもマイクロスコープは活躍しています。マイクロスコープの導入によって、治療の精度や幅が大きく向上し、今までには考えられなかった治療が可能になってきているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *