渋谷の歯医者で歯周病を予防しよう

歯周病を予防するために渋谷の歯医者を利用している人は多いです。

虫歯は激しい痛みを覚えるのが特徴ですが、これに対して歯周病はほとんど痛みがありません。それゆえ放置しておく人が多いのですが、実は虫歯よりも歯を失ってしまう可能性が高い症状になっています。人は痛みを感じない症状に対しては、軽視をして放置してしまう傾向があります。しかし放置しているあいだにも着実に進行していき、歯がグラグラとしてくるので注意してください。大人が歯を失う最大の原因が歯周病であり、原因はプラークにあります。

プラークとは歯垢のことで、歯石になる状態の粥状の物質になっています。これは時間をかけて歯石に変化していき、ひとたび硬くなってしまうと簡単には除去できません。渋谷の歯医者ではプラークコントロールの指導をしてくれますので、磨き残しが気になる人はアドバイスを受けてください。歯というのは徹底的に磨いているつもりでも、思いのほか磨き残しがあることが少なくないです。

特に歯間はプラークが溜まりやすいので、歯間ブラシを使用するなどして除去してください。渋谷の歯医者でブラッシング指導を受けることで、定期的に正しい磨き方を再認識することができます。正しい歯磨きをその場で教えてもらっても、人は毎日の生活の中で少しずつ忘れていきます。やがて間違った自己流の方法へと変化していきますので、定期的に渋谷の歯医者で磨き方の指導を受けておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *